お墓まいり

サイトマップ

アクセスや立地の良さも霊園選びのポイントとなってくる

青空とお墓

墓地や霊園の購入には決して安くはない費用がかかるため、簡単には買い直しをするというわけにはいきません。不動産の購入と同様に墓地や霊園選びには事前のリサーチや慎重さが求められます。
万が一、故人のご遺灰が埋葬された後にほかの墓地や霊園に改葬をしようと思ってもそれには面倒な手続きを踏まねばならないことになるからです。せっかく墓地や霊園を購入したにもかかわらずそこをあきらめてほかの墓地や霊園に改葬をする羽目にならないためにも、墓地や霊園を選ぶ際には運営元の管理体制やそれに伴う費用、あるいはご自宅からの距離などについては入念にリサーチをしておくことが大事です。
特に墓地や霊園までの距離というものはお墓参りのしやすさに直結してくる事柄であるため、墓地や霊園選びのポイントとなってきます。もしも、価格の安さだけに目を奪われてしまいアクセスや立地の悪い墓地や霊園を購入してしまったとしたら、頻繁にお墓参りができずにいつしか足が遠のいてしまうかもしれません。
そのようなことにならないためにも墓地や霊園を選ぶ際には価格面だけで物事を判断するのではなく、購入後のお墓参りのしやすさについても考慮したうえで判断を下すようにしたいものです。

宗派に関係なく入れる霊園について

年齢を重ねる度に気になることの一つがお墓のことですね。墓石選びも一つのテーマですが、墓地を決めることも同じくらい重要です。墓地には寺院に所属するものと、霊園が管理するものの二種類があります。
寺院の墓地を選ぶ場合は、檀家になる必要があります。先祖代々特定の宗派に属している方であれば檀家制度に馴染みがあるのですが、無宗派のご家庭だと墓地に入るために檀家になることに多少の抵抗がある方もいるかもしれません。加えて、お寺へのお布施や祭り事などへの参加など、檀家としてのお務めや地域との親密なかかわりが負担と感じる人も多いでしょう。
霊園の墓地であれば国籍や宗派を問わず誰でも入ることが出来るところがほとんどです。法人団体が運営する民営と自治体が運営する公営があります。
費用面では公営のほうが安いことが多いですが、応募件数が多ければ抽選で外れることもあり、希望する区画を選べない場合もあります。民営は生前購入が出来たり施設やサービスが整っていることが多いです。金額はその立地やグレードによって差がありますので、希望する地域内で複数の候補を選び、実際に交通機関を使って現地を訪ねてみるのが良いでしょう。
墓地販売においては指定石材店制度というものがありますので、希望する霊園を担当する石材店に相談することで追加情報を貰えますし、墓石を契約する際にもスムーズに進めることが出来ます。

霊園選びは基本的な知識を身に付けてから

日用雑貨の買い物とは違って霊園の購入には多額の費用が掛かってしまうことになります。万が一、霊園選びに失敗してしまったとしても一度お墓を建ててしまったらその後の霊園の移転やお墓の改葬といったことは簡単には実行することができません。お墓に納められたご遺骨の移動にはとても面倒な手続きが必要になってくるためです。
そのため、霊園を選ぶ際にはまず最初に霊園についての初歩的な知識を身に付けていくことが大事になってきます。ひとくちに霊園といっても運営母体や宗教、宗派に違いがあるためです。
たとえば、ある宗教法人が運営母体となっている霊園の場合にはそこの宗教の信者であるということが購入できる条件となってきます。仮に無宗教の方がその霊園にお墓を建てたいという場合には特定の宗教に入信しなくてはならないのです。そのため、特定の宗教を信仰していない方が霊園選びをするのであれば宗教法人が運営母体となっているところではなく、公営の団体が運営母体となっている霊園を選ぶ方が無難な判断となります。
霊園選びをこれからされる方は、運営母体による霊園の違いについてまずは知識を身につけておくことが霊園選びに失敗しないための第一歩となります。


愛犬とも一緒に眠れる。《メモリアルパーク》は霊園や墓石などを扱う会社です。家族や親族にとってかけがえのない場所を《メモリアルパーク》は素敵な場所へと彩ります。

インフォメーション

TOP