お墓まいり

サイトマップ

霊園でお墓を買うとどういった費用がかかる?

喪服

終活など自分の将来について考える上で外すことのできない物の一つに霊園選びがあります。一口に霊園と言っても場所によって若干の違いがあるため、条件をよく確認して選ばなくてはいけません。
いくつかある霊園選びのポイントの基本として挙げられるのが宗教、宗派の確認です。霊園は大きく民営、公営、寺院の3つ運営母体に分かれています。民営や公営が運営母体となっている霊園の大半は宗教に関係なく契約できますが、寺院が運営母体の霊園の場合はその寺院と同じ宗派に限られるケースも少なくありません。そのため、無宗教の人などは民営や公営が望ましいと言えます。
そして最も重要となるのが費用です。利用には永代使用料、墓石の購入と工事、霊園を維持するための管理費といったお金が発生します。中でも永代使用料と管理費は場所によって金額が異なるため、事前の確認が必要です。これらのお金は利用する人全てが対象となることから、敷地面積が広かったり土地代が安い郊外ほど金額が低くなる傾向にあります。
そのほか、公共交通機関の充実を含めたアクセスも大事なポイントの一つです。先ほど郊外になるほど維持費が安くなりやすいと説明しましたが、いくら費用が安くても不便な場所にあっては足が遠のいてしまいます。費用と共に距離についてもしっかりと考えることが大切です。

インフォメーション

TOP