お墓まいり

サイトマップ

霊園には3つの種類があります

都会の霊園

人はなくなったらお墓に入ります。自分の親兄弟のお墓参りをするときは霊園を利用することになります。その霊園には、3つの種類があるのをご存知ですか。今回は、3種類の霊園を紹介します。
まずは寺院墓地です。隣にお寺があり毎日お経が聞こえるのが特徴で、死んだ親兄弟も安心でしょう。ただ、お墓に入るには檀家に入る必要があったり、その宗教への信仰心があるのが条件だったりすることがあるので、事前に確認しておきましょう。また、お寺との長い付き合いになるのでお坊さんとの相性も重要です。
続いて公営墓地です。自治体が管理しているためどの宗派でも入る事ができるのが特徴です。しかし希望者が多いため寺院墓地以上にお墓に入るハードルが高く、まずは抽選に当たる必要があります。さらにその上で「その市町村に数年以上住んでいる」「一度も埋蔵していない遺骨を持っている」などの条件を満たす必要があります。条件については霊園に問い合わせるのがよいでしょう。
最後に民間霊園です。民間団体が運営する霊園で、どの宗教でも入る事ができる上、いつでも申し込みができるのが特徴です。公営墓地はお墓が開いたときにしか募集されないので、いつでも申し込める民間霊園が、お墓に入るハードルが一番低いといえます。さらに場合によってはお墓の種類が豊富にあるので、自分の好きなお墓が選べます。民間団体が運営するので、管理体制を注視しましょう。

インフォメーション

TOP